生地力の違い。
2014_02140009-1.jpg
*両方ともおうちが決まりました

お嬢様なウサギさんたち。13cm。
それぞれ、レースのつけ襟と造花でおめかししています。

2014_02140010-1.jpg
たれ耳さんは、少しモフモフなシュルツ製のアルパカ。
胴体は、ピンク系のクラッシュモヘアで切り替えしています。
耳裏は、リバティのウサギ柄(オレンジ系)
目は、今回の新色、半透明の朱赤です。

2014_02140011-1.jpg
立ち耳ウサギさんは、毛足の寝たアルパカ製。
耳裏の生地は、こちらはピンク系使ってます。

目はピンクとアメジストの瞳孔ありグラスアイ。

この2匹、実は同じ型紙でアルパカ生地が違うだけ
なのに、この違いは何?(--;)

アタマの大きさだけ見ると1.5倍は違う。
要するに、左側と同じ毛足で作れていたジャパンアルパカが
右側のウサギまでへたってた、ということです orz
1/2ヤードも買ったのにどうしてくれようホトトギス!
(使いますけどね、、、、白は特に使いまわしますから)

しょうがないので、ほわほわ感のあるシュルツのアルパカをセール中だったので買い足したわけです。
これも前のジャパンアルパカとは違うんだけどね。。。。

結論。
定番だからと言って、前回と同じ感じの生地が来るわけではないのですよ。。。。
ロット違いはしょっちゅうですし。
ジャパンアルパカは、そんな中でも何年も質感変わらない優等生だったのに、、、、残念です。

モヘア生地は、やはり現物を見て買い求めたいと思います、、、、たとえ定番でもっ!!
あぁ恵比寿フェスが楽しみだ~~♪

スポンサーサイト
Posted by モリリン
comment:0   trackback:0
[新作 ウサギ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://mbf2009.blog63.fc2.com/tb.php/668-cd8b7ec6
trackback