はさみの話。
__.jpg

仕事用のはさみたち。
この人たちがいないと、仕事になりません~~♪

一番左が、Fiskarsのばねバサミ。
モヘアカット専用。
この人は2代目です。
一代目は、ばね部分が金属疲労を起こして切れてしまい、代わりのばねでだましだまし使っていたら今度はラバー部分が経たってきたのでした。。。。どんだけ使ったんだかwwww
切れ味を悪くしてしまったときは、分解して家人が研ぎなおしてくれましたっけ。
分解できるんですよね、このはさみ。
力をいれずにちゃきちゃき地布を切ってくれる、できるやつです。

その切れ味を日常的に保ってくれるのが四角の大小。
これらは、はさみ研ぎです。
最初は小さいほうを使っていたのですが、仕事部屋の中で行方不明になること数知れず。
なくしたと思って、大きなほうを急遽購入したら出てきた、という笑い話付きです。
さすがにこれだけでかかったら、なくなるということはないですね~~(^^;)
こまめに研ぐことで切れ味を保てます。

青い持ち手の子は、モヘアの毛のカットには欠かせない小バサミ。
私は、クローバーの115というタイプを好んで使ってます。刃先が小さく、小回りが効きます。
これも2代目。
クローバーのだと、普通の手芸店ですぐ手に入るのが魅力です。

右は、この前のホビーショーで購入した、Fiskarsの大きなはさみ。
布用の裁ちばさみとして使ってます。
実は、、、、布用のちゃんとした裁ちばさみって持っていなかったのです。
ぁあ、布がまっすぐに切れる~~~とちょっと感動したりして。
このはさみ、考えられないほど安く、お買い得だったなと思ってます。

Fiskarsは、テディベア通販よりも、最近ではスクラップブッキングの通販のほうが、種類も在庫もあるようになって、すぐほしいものが手に入るようになりました。
ただ、マイナーチェンジはしょっちゅうあるみたいで。
ばねばさみ、少なくとも12年の間に2回マイナーチェンジしてますね。
裁ちばさみも、たぶん型式が古くて在庫の数もないから、売り切っちゃおうということみたいだったし。

あとは、紙用のはさみが2.3本。
布用と紙用はきっちり分けないと、はさみがだめになります。これ常識。

・・・・糸切りはさみがない、と思ってる?
手縫いの時は、糸切りはさみを使わないのですよ私。
パッチワーク用の糸切りリングを愛用してます。
手元でカットできるし、動作も少なくてすみますしね~~

ものを切る、という仕事には、いいはさみは欠かせません、というお話でした。
どっとはらい~♪

**************************************

おいおい、オーダーでおうちが決まった子をアップしていきます。
スポンサーサイト
Posted by モリリン
comment:0   trackback:0
[日常
comment
comment posting














 

trackback URL
http://mbf2009.blog63.fc2.com/tb.php/538-675515c8
trackback