Ritti Bear 作品展 に出品いたします
Ritti Bear HP 10月グループ展に出品いたします。

販売方法等は開催前にこちらでも告知いたします。
抽選販売になりますこと、ご了解くださいませ。

出品作を順次紹介させていただきます。

            2009_09260013_convert_20091013224514.jpg
白いねん猫 身長は立たせて22cm
アルパカ製の11ジョイント入った、仰向けねんねタイプの猫さんです。
ねんね上手な猫、ということで『ねん猫』というタイプ名をつけました。

ジャパンアルパカのタッチタイプ、毛足の長いほうを使いました。
モフモフな質感を生かしたくて、大きなパターンを引いてみました。
うちの猫がそうするように、体をひねって仰向け寝なポーズが付けられるように
胴体にジョイントを入れております。
首、肩、手先、脚、足、尻尾はダブルジョイントです。
まねき猫ポーズもお得意です。

パターンを大きくしたことで、肉球加工もくわえました。
今までは小さい猫ばかりで、指が離れたタイプの肉球は付けられませんでしたが
これだけ大きくなると、やればできるものですね♪
肉球、鼻はローズピンクのウルトラスエードです。

グラスアイは、ハンドメイドの青緑色の猫目です。
ガラスメーカーからやっと黒が新色でできたということで、うれしくてうれしくて
瞳孔が黒いタイプの猫目をたくさん作りました。
10mm以上ある大きなグラスアイです。

とにかく、手のひらに載せたときの質感がたまらない子です。
この子ができたから、ほかの11ジョイントの猫を作ろう、という気にさせてくれた、記念の猫さん。
なので、作品展の画像にも使いました。
ねんねが上手にできるように、ホワイトワイヤーのバスケットもお付けいたします。
スポンサーサイト
Posted by モリリン
comment:0   trackback:0
[イベント
comment
comment posting














 

trackback URL
http://mbf2009.blog63.fc2.com/tb.php/15-0a95d495
trackback